1. ホーム
  2. イベント情報
  3. 2015年
  4. 「知の拠点あいち」重点研究プロジェクト成果報告会in名古屋大学 9月8日開催

イベント情報

「知の拠点あいち」重点研究プロジェクト成果報告会in名古屋大学 9月8日開催

イベント・セミナーなど2015/08/27

※このイベントは終了しました。

このたび、「超早期診断技術開発プロジェクト」関する研究成果について、関連企業並びに名古屋大学等の医療従事者に広く知っていただくため、『「知の拠点あいち」重点研究プロジェクト成果報告会in名古屋大学』を開催します。

報告会では、「ヘルスケア・早期診断を目指した生体情報モニタリング用新規デバイスの開発」をテーマに最新成果品をご紹介します。多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

申し込みの受け付けは9月4日(金)で締め切りました。

日時 平成27年9月8日(火) 13:30~17:00
場所

名古屋大学 東山キャンパス 野依記念学術交流館 2階カンファレンスホール

参加費

無料

定員

200名(申込先着順)

13:30~13:40 主催者挨拶
13:40~14:10

【特別講演】
名古屋大学におけるイノベーション創出のための産学官連携の取り組み

(名古屋大学 総長 松尾清一
14:10~16:00

【成果報告】

■初期がん等の微小な病変を高精度に検出するベッドサイド型デバイスの開発
ナノ・マイクロデバイスによるがんの超早期診断
(名古屋大学 工学研究科 化学・生物工学専攻 教授 馬場嘉信

■生活習慣病等に関係する生体情報を無侵襲・低侵襲で日常的にモニタリングできるセンサとデバイスの開発
日常のヘルスケアに役立つ新しいセンサ~呼気で体調を管理、シーツで褥瘡の危険予知~
(産業技術総合研究所 無機機能材料研究部門 電子セラミックス研究グループ 研究グループ長 申ウソク

■脳・心臓・血管系等に関連する生体情報を無侵襲・低侵襲で継続的に計測するための高感度な計測技術とデバイスの開発
循環器および脳関連疾患の超早期診断技術とデバイス開発
(豊橋技術科学大学 電気・電子情報工学系 教授 澤田和明

【報告のまとめ】

超早期診断技術開発プロジェクトの成果と今後の期待

(プロジェクトリーダー 名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部 特任教授 太田美智男

【閉会挨拶】

16:00~17:00 試作機器展示・ポスター展示
13:00~17:00 研究室見学
ポスター

重点研究プロジェクト成果報告会in名古屋大学のご案内.pdf

主催 名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部、愛知県、公益財団法人科学技術交流財団
お問い合せ 名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部 プロジェクト推進グループ
TEL:052-747-6788  
担当:小金丸

一覧に戻る

このページの先頭へ