センターが行っている支援

支援の流れ

支援の詳細

個人面談 登録者それぞれに沿うような個人面談を心がけています。悩みを話す、いろいろな情報を提供してもらうなど、第三者に話をしているうちに自らの考えが整理でき、改めて就職活動や学位取得に向けて動き出すことができます。
書類の添削など 履歴書、自己PR書などの就職活動に必要な書類を、第三者に読んでもらう事で、自分では分からない不明瞭な部分が見えてきます。専門分野の用語が並びすぎていたり、アピールすべき点がずれていたりする書類、実はその中には、研究の手技だけでない、これまで培った自らの【強み】など、素敵なアピールポイントがたくさん詰まっています。表現方法で、みなさんの評価が変わります。
アドバイザーとの面談 約80名のビジネスマンが、アドバイザーとして登録しています。それぞれの業界や専門分野のお話など現場の【声】を直接伺う事ができます。もちろん、みなさんの疑問にも、可能限りお答えいただいております。興味のある事の【今】を知ることで、キャリアパスの新しい視野が開けるよい機会となっています。
長期インターンシップ制度 募集がなくても就職したい職種があれば、その門をたたいてみましょう。経験がなくても、インターンシップ期間にノビシロが見込まれれば、企業は採用を検討してくれます。本センターのインターンシップ制度を活用して、やりがいのある職をみつけていきましょう。(選抜方法)
B人セミナー 企業の人が講師となり、大学院生・ポスドク達の今後に役立つスキルや情報をレクチャーします。自分の強み理解・自己PR書作成・各業界の業務について、就職に役立つ情報や研究者として必要な研修(知的財産についての内容やロジカルシンキングなど)もあります。主に土曜日に開催しています。登録者以外の方でもご参加頂けますので、声を掛け合って参加してください。

講義
「キャリア形成論」

→今期のシラバスはこちら

名古屋大学全学部の2年生以上を対象に全学同窓会寄付講義として実施しています。様々な分野で活躍されている本学出身者にオムニバス形式で講義して頂いております。自身のキャリアを構築する参考になる内容が詰まっています。登録者については、B人研修の振り替え単位とすることもできるので、興味のある方はメールでご連絡下さい。
体験型講義
「エンプロイアビリティ」

名古屋大学大学院全研究科の博士課程(前期・後期)学生を対象とした講義で、自らのライフキャリアを考え、多彩なキャリアパスの中から自分に最適なキャリア構築を学びます。

各種キャリアパスイベントの開催

博士課程の学生やポスドクらの今後のキャリア選択に役立つ様々なイベントを開催します。

主なイベント

メールマガジン配信 登録者限定ではありますが、セミナーのお知らせや学内でのシンポジウムのお知らせなどをメールで配信しています。みなさんが、これからのキャリアを考えるために役立つ情報を中心に配信しています。
このページの先頭へ