長期インターンシップ

企業と大学がコミュニケーションを取り、協力して人材育成を行うプログラムで、就職や視野を広げるための実地研修です。ポストドクターが対象です。期間は、3~6ヶ月程度と長く、長期インターンシップ中は名古屋大学の研究員として雇用します。(選抜方法)

A1: インターンシップ先は、自らが希望する企業が優先ですが、企業から公募する場合も
  あります。皆さんの希望と企業側のニーズを考慮しつつ、納得がいくまでコンサルティ
  ングを行って決定します。募集がなくても、興味のある職種があれば、その門をたたい
  てみましょう。

A2: 実際に仕事に携わることで、実務的な知識や技術を学ぶことができます。また、業界・
  業種ごとに異なる"仕事の流れ"を把握することで、よりスムーズになじんでいくことが
  できます。インターンシップ先が外資系企業であれば、ビジネス英語の習得や国際交流
  の機会があるかもしれません。

A3: これまでに100人が長期インターンシップを実施しています。(平成27年9月30日現在)
  この長期インターンシップは、単なる"体験"ではなく、社員と同様に実際の仕事を経験
  することで、それぞれのキャリアに生かすことが出来ます。

長期インターンシップ実施者

実績 長期インターンシップ実施者
平成20年度 6人
平成21年度 15人
平成22年度 20人
平成23年度 15人
平成24年度 20人
平成25年度 8人
平成26年度 10人
平成27年度 6人
100人

A4: ノビシロが本当に成長の証として見込まれれば、数ヶ月後に本採用になる場合がありま
  す。これまでに実施したインターンシップでは、大多数がそのまま正社員として採用さ
  れています。皆さんの意気込み次第です。ただし、インターンシップは原則的に採用選
  考ではありません。就業体験を通じて、みなさんの就職意識や学習意欲を高めていくこ
  とが主眼になっています。飽くまでも、これからの自分のキャリアを考えるための経験
  と考え、結果として採用につながれば、これほど良いことはありません。

A5: 具体的なインターンシップ先名をご紹介することはできませんが、これまでに実施した
  インターンシップ先は、製薬、再生医療、機械、電気、特許事務所など多種多様の分野
  です。

このページの先頭へ