Team A

  • 夏目 卓実(生命農学研究科)
  • 岡島 知佑(情報科学研究科)
  • 浅場 香  (医学系研究科)
  • 矢野 雅明(情報科学研究科)
インタビュイー
  • 株式会社グローバックス 代表取締役 後藤大介氏
  • 株式会社デンソー 早川氏

IT業界の営業としてキャリアをスタートさせ、2度の転職と独立を経て、経営コンサルタントとして『株式会社エイチーム』に関わり、現在は同社取締役の牧野隆広氏。社会に出て3年後、ヘッドハンティングされて転職した当時は、とにかく仕事が好きで没頭していたそうです。その後、経営コンサルタントとして転職する際に言われた「お前の夏は2度と来ない。去年と同じ過ごし方でいいのか。」という言葉が大きな決め手となり、今でも心に残っている言葉だそうです。経営コンサルタントとして独立され、うまくいかない時期もあったそうです。役員3人とアルバイトしかおらず、会社というよりサークルのようだったエイチームに飛び込んだ後は、管理部門を担当されています。


臨床検査薬・基礎研究試薬メーカー『株式会社医学生物学研究所(MBL)』で営業からスタートし、生産部署、経営企画本部戦略推進室へと移動した蒲池和彦氏。MBLを就職先に選んだ理由は「会社は儲けるためにあるのではなく、何らかの価値をつくりだしていくこと」という儲け以外の哲学を持つ当時の社長の理念に共感したからだそうです。キャリアの始まりには、ゼミの教授の「物の良さは作った人が一番よく分かっている。売り方を一番知っている人も作っている人。開発の人は開発のことだけでなく生産・販売のこともやらなければならない。という言葉が大きく影響しているそうです。営業と言っても売ることだけではなく、コンサルテーションもするそうで、求められることに対応していく能力が要求されるそうです。  営業の立場からプロダクトを改善する必要を感じて生産部署に異動、その後戦略推進室へ移動し、「“ゆたかさ”の意味を繰り返し問い続ける」という企業姿勢に沿ったご活躍をされています。


インタビューガイドを作成し、異なるステップを踏んでいるお二人へのインタビューを同時に進めるスタイルをとり、「お仕事のこれまでとこれから」「仕事の仕方」「ご自身のヒストリー」の3点について、お二人の似ているところと異なっていているところを比較しました。似ているところで私たちが一番大切だと感じたのは「社会の役に立ちたいという考えを強く持っていた」点です。自分一人の成功だけを考えるのではなく、社会のことまで考えられる広い視野で仕事を行っていきたいと思いました。  インタビュー後に、「キャリアを築くとは」どういうことかをメンバーで話し合い、5つの結論にまとめました。また、最後に、キャリアを築いているお二人から今の学生へのメッセージと、インタビューの中で心を惹いた名言を紹介しています。

このページの先頭へ