博士人材への期待(総長より)

資源の少ない我が国において、日本の科学技術の持続的な発展や国際競争力の維持・強化のためには、我が国を支える人材の質と量の確保は喫緊の課題である。大学に求められている使命は、このような人材を育てることにあり、名古屋大学では、学術憲章にある「自由闊達」の学風の下、「論理的思考力と想像力に富んだ勇気ある知識人を育てる」ことを目指しており、特に、若手人材の育成には重点的に取り組んできました。

平成20 年度には、社会に貢献する人材を育成する社会貢献人材育成本部ビジネス人材育成センター「B-Jin」を設置し、社会の様々な分野でリーダーとして活躍できる博士人材の育成を推進してきました。B-Jin では、これまでの「博士課程を修了したら、大学の研究者になる」という固定的な考えを脱却し、社会、国内外、多彩な場で活躍していくための人材養成・キャリア支援を実施しています。具体的には、「個人面談」「社会人メンター制度」の他、「セミナー」「長期インターンシップ」「キャリアデザイン論」等多彩なプログラムを用意しています。

キャリアとは、就職だけを意味するのではなく、一生続いていくものです。また、正解というものがなく、自らが考え、答えを出していかなければなりません。博士後期課程の学生、ポストドクターの方々は、ぜひ、センターの活動を通じて、自分なりにしっかり考え、真剣に議論し、解決策を見いだせる人材になっていただきたいと思います。

平成26 年度からは北海道大学・東北大学とコンソーシアムを組み「科学技術人材育成のコンソーシアムの構築事業」を実施しています。
博士課程の学生・ポストドクターの皆さんは、名古屋大学からだけでなく、全国からの登録者を受け入れておりますので、本センターに積極的に登録ください。

また、大学と産業界の枠を超えて、博士号を持つ若手研究者を育成し、その活躍の場を広げていくことは、地域ならびに世界の産業に貢献することに繋がっていきます。産業界の皆様におかれましても、従来以上のご支援をお願い申し上げます。

名古屋大学総長
松尾 清一

このページの先頭へ