1. ホーム
  2. 産業界・地方自治体の方へ
  3. 名古屋大学協力会
  4. イベント情報
  5. 名古屋大学協力会 研究シーズ提案セミナー

イベント情報

名古屋大学協力会 研究シーズ提案セミナー

2022/02/25 開催

「 自然言語処理とその応用 ~深層学習による新たな発展~ 」

「研究シーズ提案セミナー」とは、名古屋大学教員のシーズを会員の皆様に提案し、会員様と大学との共同研究等に発展することを目的とするものです。
今回は「AI、XAI(説明可能なAI)」をテーマに開催いたします。皆様のお申込みをお待ちしております。

【開催日時】2022年2月25日(金)15:00~16:30
【開催方法】Zoomウェビナー

【参加費】無料
【参加対象】名大協力会会員、後援機関会員、名古屋大学教職員
【定員】90名
【申込締切】2022年2月21日(月)

【主催】名古屋大学協力会
【共催】名古屋大学大学院情報学研究科 附属価値創造研究センター、
    名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部
【後援】情報処理学会東海支部、岐阜大学地域交流協力会

【プログラム】
1.主催者挨拶
2.セミナー
  「 自然言語処理とその応用 ~深層学習による新たな発展~ 」
    講師:大学院情報学研究科 附属価値創造研究センター センター長
                         教授 武田 浩一 氏
3.質疑応答

<講演概要>
自然言語処理とは、人が日常的な情報伝達に利用する言語表現のうち、主として書き言葉を対象にした研究分野であり、計算機が人と同じように言語表現を扱えるような技術の実現を目標としている。1950年代の機械翻訳の研究から現在に至るまでの長い歴史を経て、最近では自然言語処理はスパムメール検出やチャットボットのように我々の日常生活にも深くかかわる応用を生み出している。
本講演では、自然言語処理のこれまでの主要な成果について簡単に解説するとともに、2000年代以降の多層ニューラルネットワークを利用した深層学習により急速な技術的発展と今後の展望について述べる。また価値創造研究センターでの研究事例として、説明可能な人工知能を実現するための言語化技術を紹介する。

 研究者詳細はこちら
   https://profs.provost.nagoya-u.ac.jp/html/100009794_ja.html
 研究室ウェブサイトはこちら
   http://cr.fvcrc.i.nagoya-u.ac.jp/

【お申込みについて】
 ・下の申込フォームへご入力後、確認ボタン→投稿ボタン とお進みください。
 ・本セミナーをご視聴できるのは、事前に参加申し込みされた方のみとなります。
  参加ご希望の方は各自お申し込み下さい。

【ご案内・注意事項】
 ・視聴方法については、開催前日までにお申込みいただいたメールアドレスへご案内します。
 ・録画、撮影、録音は禁止となります。
 ・当日の発表の音声、スライドの著作権は発表者に帰属します。

【問合せ先】名古屋大学協力会事務局
      E-mail:kyouryokukai[at]aip.nagoya-u.ac.jp ([at]を@へ変更してください)

申し込みフォーム

  

一覧に戻る

このページの先頭へ