名城大学(H30.9.12)

名城大学と連携・協力に関する協定を締結

名古屋大学と名城大学は連携・協力に関する連携協定調印式を9月12日、ナショナルイノベーションコンプレックス1階Idea Stoa(アイデアストア)にて開催しました。

両学はこれまで既に2014年ノーベル物理学賞受賞の赤崎教授・天野教授を中心とするGaN研究、医学系・薬学系分野やプラズマ科学分野において数多くの共同研究を行ってきました。また、2012年3月30日には「名古屋大学医学部・大学院医学系研究科と名城大学薬学部・大学院薬学研究科との学術交流に関する協定」を締結しています。
こうした交流実績をふまえ、このたび連携・協力に関する連携協定を締結しました。
本協定は「協力可能な全ての分野」を対象として連携・協力を推進することを特徴としており、本学としては国内の大学とこのような組織間の協定を結ぶのは初めてのことです。

調印式当日は多くのマスコミが取材に訪れ、関心の高さがうかがえました。本協定を通して新たなイノベーション創出に繋がることが期待されています。

20181010171137.jpg

▲記念撮影の様子
前列:左から、名古屋大学より財満副総長、松尾総長、名城大学より吉久学長、磯前副学長
後列:左から、名古屋大学より山田教授、堀教授、木山教授、本田准教授、       
        名城大学より原田教授、平松美根男教授、加鳥教授、平松正行教授、上山教授

このページの先頭へ