■対象範囲

対象範囲

第2条
ポリシー及び本ガイドラインの対象者は、教職員等及び学生とする。教職員等とは、名古屋大学(以下「本学」という。)の教員、職員、研究員その他本学に雇用された者及び本学から職名等を付与された者をいう。ここで、本学から職名等を付与された者とは、秘密保持に関する契約を締結した客員教員等をいう。

2 本ガイドラインは、ポリシー「3.対象者と対象範囲」に記載の秘密情報を対象とする。

このページの先頭へ