最終報告会の案内

平成29年2月28日 最終報告会を開催します。

農林水産省 革新的技術創造促進事業(異分野融合研究)情報工学との連携による農林水産分野の情報インフラの構築「ICT 活用農業 事業化・普及プロジェクト」の最終報告会を次のとおり開催します。

  • 日時:平成29年2月28日(火)13:00-17:00(受付開始:12:15)
  • 場所:コクヨホール(JR品川駅港南口(東口)を出て徒歩5分)地図
  • 参加費: 無料 (事前登録制)
  • 事前申込締切:平成29年2月27日(月)15:00 ※定員300名に達した時点で締切ります締め切りました。
  • シンポジウム全般のお問い合わせ先

ICT活用農業コンソーシアム
名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部 異分野融合拠点事務局
e-mail: ictagri@aip.nagoya-u.ac.jp
TEL: 052-747-6783
(担当:高橋、西堀)

プログラム

13:00~13:05 開会挨拶 前島 正義  (研究代表者)
名古屋大学 副総長
13:05~13:10 来賓挨拶1 望月 光顕  
農林水産省 
農林水産技術会議事務局 研究推進課産学連携室 室長
13:10~13:15 来賓挨拶2 土肥 宏志 
(国研)農業・食品産業技術総合研究機構  生物系特定産業技術研究支援センター 
新技術開発部 統括研究リーダー
13:15~13:55

講演

講演資料情報通信研究機構細川瑞彦氏.pdf

細川 瑞彦   
(国研)情報通信研究機構 理事
13:55~14:10 プロジェクト全体説明 北 栄輔 (研究実施責任者)
名古屋大学 大学院情報科学研究科 副研究科長・教授
14:10~14:30 (休憩)
14:30~15:00

拠点研究機関成果報告

拠点研究1_ ICT-PJ全体.pdf

■センシンググループ 発表

拠点研究2_センシングGr報告.pdf
亀岡 孝治  (グループリーダー)
三重大学 大学院生物資源学研究科 教授

■基盤情報サービスグループ 発表

拠点研究3_基盤情報SG報告.pdf
遠藤 守  (グループリーダー)
名古屋大学 大学院情報科学研究科 准教授

■評価検討/ユーザーサービスグループ 発表

拠点研究4_ユーザーSG・評価G.pdf

北 栄輔 (ユーザーサービスグループリーダー)
名古屋大学 大学院情報科学研究科 副研究科長・教授
15:00~15:30

補完研究機関成果報告①
【S1】低層リモートセンシングによる
作物モニタリングを用いた
効率的栽培管理システムの構築

S1.pdf

岩田 洋佳  (研究代表者)
東京大学 大学院農学生命科学研究科 准教授

【S2】超微量ガス検知技術を用いた
園芸作物の病害早期発見/診断センサーの開発

S2.pdf
湯本 正樹  (研究代表者)
理化学研究所 光量子制御技術開発チーム 特別研究員

【S3】植物状態と作業行動記録による
気づきナレッジの開発とその現場実証

S3.pdf
神谷 俊之
NECソリューションイノベータ株式会社
システムテクノロジーラボラトリ 統括マネージャー
15:30~15:50 (休憩)
15:50~16:40

補完研究機関成果報告②
【S4】農業情報標準の相互運用性を
Web Serviceとして実現する
情報プラットフォームの開発と実証

S4.pdf
長井 正彦
東京大学 空間情報科学研究センター 特任准教授

【S5】情報入力・通信環境機能を備えた低価格
センサーシステムの全国圃場への導入と共通データ
ベース・情報共有システムの構築による実証試験

S5.pdf
村上 幸一 
香川高等専門学校 准教授

【S6】生理生態学的分析を可能にする低コスト
モバイルセンサと次世代農業ワークベンチの開発

S6.pdf
川原 圭博 (研究代表者)   
東京大学 大学院情報理工学系研究科 准教授

【S7】中小農家が使いやすい栽培ナレッジ共有
オープンシステム開発と検証

S7.pdf
窪 一   
ハンサムガーデン株式会社

【S8】 生産者と消費者等の双方向の情報流通
野菜・コメの総合的品質指標の開発・実装

S8_1.pdf
有井 雅幸  (研究代表者) 
デザイナーフーズ株式会社 執行役員
16:40~16:55 全体まとめ 北 栄輔  (研究実施責任者)
名古屋大学 大学院情報科学研究科 副研究科長・教授
16:55~17:00 閉会挨拶 北 栄輔  (研究実施責任者)
名古屋大学 大学院情報科学研究科 副研究科長・教授

申込フォーム

締め切りました。

このページの先頭へ