寄附講座・寄附研究部門

寄附講座・寄附研究部門は、奨学を目的とする民間企業等からの寄附金により、名古屋大学の主体性の下に教育研究の豊富化、活発化を図ることを目的に設置する制度です。

存続期間

  1. 原則として2年以上5年以下ですが、更新することもできます。

設置の手続等

  1. 設置の申請

    寄附講座・寄附研究部門の設置を希望する部局の長宛てに寄附申込書、寄附講座(寄附研究部門)の概要、履歴書を提出してください。提出先は各部局の担当事務係になります。

設置の決定

申込みを受けた部局の教授会等の議を経て、総長が設置について決定いたします。

  • 設置に係る経費

    寄附講座等の教育研究の実施に伴う経費は、名古屋大学寄附金受入規程に定めるところにより寄附金として受け入れることとなります。設置の決定後、礼状及び納入依頼書を送付いたしますので、送付された納入依頼書により納入していただきます。

メリット

  1. 税制上の優遇措置

    名古屋大学から発行される領収書により、国立大学法人に対する寄附金として、法人の場合は全額を損金に算入でき、個人の場合は2千円を超える部分について、総所得総額の40%まで所得控除ができます。

  2. 名称

    寄附講座・寄附研究部門の名称に、教育研究の内容を示す名称と併せて、寄附者が明らかとなる名称を付すことができます。

問い合わせ先等

  • 学外の方は下記1~2を参照ください。
  1. 寄附講座等の制度全般:研究協力部研究支援課外部資金係までお問い合わせください。
    TEL:052-789-2040 
    FAX:052-789-2041
    メール :kyoudou@adm.nagoya-u.ac.jp
  2. 申込書の提出先・設置手続き等:部局の外部資金担当者までお問い合わせください。
    部局問い合わせ先

  • 学内の研究者の方は、ご自身の所属部局の外部資金担当者まで問い合わせください。
このページの先頭へ