本学の装置利用

本学の装置利用

名古屋大学は、「文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業」に参画しており、保有する一部の装置を産業界に有料で開放しています。装置の利用による成果は、原則、公開ですが、特許取得や論文発表のために2年間、公開を猶予することができます。また、非公開へ移行することも可能です。下記の「名古屋大学ナノテクノロジープラットフォーム」のホームページにアクセスするか、技術相談フォームからお問合せいただき、ぜひ、ご活用下さい。製品評価・依頼試験等、対応できない場合は、公設試験場や計測企業をご案内する場合がございます。

名古屋大学ナノテクノロジープラットフォーム:http://nanofab.engg.nagoya-u.ac.jp/nanoplat/

このページの先頭へ