組織規程

名古屋大学学術研究・産学官連携推進本部規程

(設置)
第1条 名古屋大学(以下「本学」という。)における学術研究及び産学官連携に係る全学的事業を計画的、効果的に推進するため、本学に名古屋大学学術研究・産学連携推進本部(以下「推進本部」という。)を置く。
(業務)
第2条 推進本部は、関係部局等の協力・支援を得て、学術研究活動及び産学官連携の推進に関する次に揚げる業務を行う。

一 学術研究。産学官連携戦略の企画・立案及び実施に関すること。
二 地域連携及び情報発信に関すること。
三 プロジェクトの推進に関すること。
四 知的財産・技術移転の戦略及びマネジメントに関すること。
五 国際産学連携活動及びイノベーション人材育成に関すること。
六 安全保障輸出管理に関すること。
七 その他本学の学術研究及び産学官連携の推進に関すること。

(本部長)
第3条 推進本部に、本部長を置く。

2 本部長は、理事又は副総長のうちから総長が任命する。
3 副本部等は、本部長を補佐し、本部長に事故がある場合は、本部長の職務を代行する。

(副本部長)
第4条 推進本部に、副本部長を置く。

2 副本部長は、本学の大学教員のうちから総長が任命する。
3 副本部長は、本部長を補佐し、本部長に事故がある場合は、本部長の任務を代行する。

(本部員)
第5条 推進本部に、次に揚げる本部員を置く。

一 研究科及び附置研究所の教授又は准教授のうちから各1名
二 その他本学の職員のうち総長が必要と認めた者
2 本部員は、総長が任命する。
3 本部員の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

(会議)
第6条 推進本部に、推進本部の運営に関する重要事項を審議するため、学術研究・産学官連携推進本部会議(以下「会議」という。)を置く。

2 会議の組織及び運営に関し必要な事項は、別に定める。

(グループ等)
第7条 推進本部に、次の各号に揚げるグループ等を置き、各グループ等の主な業務は第2条の業務のうち当該各号の定めるところによる。

一 企画戦略グループ 学術研究・産学官連携戦略活動及びアウトリーチ活動(研究広報活動をいう。)に関すること。
二 地域連携・情報発信グループ 地域連携及びアウトリーチ活動(研究広報活動をいう。)に関すること。
三 プロジェクト推進グループ プロジェクトの推進に関すること。
四 知財・技術移転グループ 知的財産・技術移転の戦略及びマネジメントに関すること。
五 国際産学連携・人材育成グループ 国際産学連携活動及びイノベーション人材育成に関すること。
六 安全保障輸出管理担当 安全保障輸出管理に関すること。
2 グループ等に、グループリーダー、サブグループリーダーその他本部長が必要と認めた職員を置く。
3 グループ等の組織及び運営に関し必要な事項は、別に定める。

(業務)
第8条 推進本部の業務は、関係部・課の協力を得て、研究協力部において処理する。
(雑則)
第9条 この規程に定めるもののほか、推進本部に関し必要な事項は、会議の議を経て、総長が定める。

附則
1 この規程は、平成26年1月1日から施行する。
2 この規程の施行の際最初の任命に係る本部員の任期は、第5条第3項本文の規定にかかわらず、平成27年3月31日までとする。
3 名古屋大学産学官連携推進本部規程(平成16年度規程233号)、名古屋大学産学官連携推進本部会議規程(平成17年度規程第119号)、名古屋大学産学官連携推進本部産学官連携推進室規程(平成17年度規程第120号)及び名古屋大学研究推進室規程(平成18年度規程第37号)は、廃止する。

このページの先頭へ