若⼿新分野創成ワークショップ「脳を知り、疾患を理解する」開催報告

2021年02月15日

2021年2月3日(水) 「発達障害革新研究開発ユニット(代表:辻村啓太理学研究科特任講師)」が若⼿新分野創成ワークショップ「脳を知り、疾患を理解する」(オンライン)を開催しました。
このワークショップでは、名古屋大学・慶應義塾大学・千葉大学・筑波大学から領域の異なる研究者が集まり開催されました。

参加者の半数程度が臨床医を占めるユニークなワークショップとなり、基礎研究と臨床研究の融合研究創発の場となったほか、領域の異なる研究者による活発な議論がみられ、今後のさらなる融合研究も期待される機会となりました。

参加者は学部生、大学院生、臨床医など幅広い層から90名近くの参加登録があり、成功裏に終えることができました。

ワークショップ プログラム.jpg

PAGE TOP