AMED難治性疾患実用化研究事業・辻村班とMECP2重複症候群家族会との第2回意見交換会が開催されました

2021年09月24日

辻村啓太 理学研究科附属ニューロサイエンス研究センター 特任講師/脳機能発達制御学グループ・グループディレクターが、MECP2重複症候群家族会の方々と意見交換会(オンライン)を行いました。
家族会の会員7名(ご家族)と、AMED難治事業・病態解明PJ・辻村班からは、辻村特任講師を含めメンバー3名(愛知県医療療育総合センター中央病院 副院長 水野誠司先生、旭川医科大 小児科 赤羽裕一先生 [現在、辻村研究室に国内留学中])が参加しました。今回は、2021年02月24日第1回に続く今年度2回目の開催です。会では研究の現状と進捗を説明し、将来的な治療法開発についても議論が行われました。家族会メンバーから多くのご意見やご質問をいただき大変有用な会となりました。

辻村啓太 理学研究科 特任講師の研究は、AMED公募研究に採択されています。
詳しくはこちら

<採択研究開発課題名>
日本医療研究開発機構(AMED) 平成31年(令和元年)度 「難治性疾患実用化研究事業」(二次公募)採択課題
MECP2遺伝子変異に起因する脳発達障害における分子シグナル病態の解明と新規診断・治療法の基盤開発
<研究開発代表者> 
 名古屋大学 理学研究科 辻村 啓太 特任講師

<イベント詳細>
2021年9月5日(日) 13:00
AMED難治性疾患実用化研究事業・病態解明プロジェクト辻村班とMECP2重複症候群家族会 意見交換会 (第2回)

<参考>
MECP2重複症候群患者家族会
第1回MECP2重複症候群家族会との意見交換会
・第2回MECP2重複症候群家族会との意見交換会(オンライン)

辻村先生.png

PAGE TOP