1. HOME
  2. 熱帯の気象に関する基礎研究

熱帯の気象に関する基礎研究

  • 宇宙地球環境研究所
  • 基盤研究部門
  • (増永研究室)

准教授 増永 浩彦[ますなが ひろひこ]

http://precip.hyarc.nagoya-u.ac.jp/index-j.html

シーズの概要

全球降水の半分以上を担う熱帯降水は、地球水循環の要であると同時に、日本の気候にも影響を及ぼす大気大循環の駆動源としても重要な役割を果たします。そのメカニズムの基礎をなす鍵を握るのは、積雲と大気熱力学場の相互作用ですが、その実態は依然未解明な要素を多く含んでいます。当研究室では、衛星観測を主な手段として熱帯気象の研究を行い、防災や気象予報精度向上につながる可能性を視野に基礎研究を推進しています。

この研究の新規性・独創性

本研究では、熱帯降水観測衛星TRMMをはじめとする多数の地球観測衛星データを横断的に活用することにより、従来のアプローチでは困難であった研究手法を開発しています。一例として、軌道の異なる衛星群の観測時間差を利用して、降水雲の発達に伴い急速に変化する大気場の変動をとらえることに成功し、世界の関連研究者から注目を浴びています。

産学連携を目指した応用研究

本課題は基礎研究であり直ちに産学連携を目指した応用は想定していませんが、長期的には地球環境変動予測の技術革新への貢献を通じた広範な応用研究への発展を期しています。

一言アピール

既存の枠にとらわれない地球観測衛星の新たな可能性を探っています。

キーワード

衛星観測、地球環境、熱帯気象

保有技術

  • 衛星データ解析技術

主な論文

  • Masunaga, H., 2013: J. Atmos. Sci., 70, 2443-2466.
  • Masunaga, H., 2012: J. Atmos. Sci., 69, 150-167.