1. HOME
  2. 国産小中径木の総合利用・高付加価値化

国産小中径木の総合利用・高付加価値化

  • 環境学研究科
  • 都市環境学専攻
  • 建築構造システム講座

准教授 古川 忠稔[ふるかわ ただとし]

http://www.dali.nuac.nagoya-u.ac.jp/furukawa/mainframe.html

シーズの概要

小中径木の建築構造材への利用方法として、力学メカニズムが明快な空間構造部材への適用を考案し、木質部材による空間構造システムを開発した。このシステムは木製部材と鋼製接合部を、木口面からの引きボルト接合で一体化することに特色がある。同システムは実大試験体の動的・静的実験や、実構造物の振動実験を通じて得られるフィードバックを元に順次バージョンアップを図っている。さらに、普通材高付加価値化の一手法として、特殊なラグスクリューとジベルの機械接合を用いた重ね梁の開発を行っている。

この研究の新規性・独創性

木質部材による空間構造システムは木製部材と鋼製接合部を、木口面からの引きボルト接合で一体化することに特色がある。また重ね梁は独自開発のラグスクリューとジベルの機械接合によるところが特色となる。

産学連携を目指した応用研究

現在外材にシェアを奪われ低迷する国産木材・林業を活性化させ、国内の森林環境問題の改善を図ることができる。

一言アピール

国土保全と森林荒廃防止の観点から、さらに健全な森林経営に向けて解決すべき課題として、価値が低い小中径木や普通材を構造材として用いることで高付加価値化することができる。

キーワード

国産木材、建築構造、小中径木

保有技術

  • 木質部材による空間構造システム
  • 重ね梁