1. HOME
  2. 生物系廃棄物の処理・回生・循環システムの創出技術

生物系廃棄物の処理・回生・循環システムの創出技術

  • 未来材料・システム研究所
  • システム創成部門
  • 循環システム部

教授 片山 新太[かたやま あらた]

http://www.er.imass.nagoya-u.ac.jp/AKLab_J/

シーズの概要

(目的)
人口密度の高いアジア地域では、食糧生産から消費までの間に多大な生物系廃棄物が生まれ、その有効利用技術の開発が急務となっています。そこで、これまでに開発された技術を適材適所を設置して、生物系廃棄物を処理・回生・循環するシステムを設計する手法の確立を目指しています。

(概要)
この研究は、エコ技術・社会経済システム開発評価研究と言えます。即ち、エネルギー・コストをかけない生物系廃棄物処理・回生システムの評価と、LCAや情報システム、経済システムから見た循環型社会の評価技術の開発を行います。

この研究の新規性・独創性

各種の廃棄物処理・回生技術の開発を、社会システムから評価しながら進め、その優位なシステムを提言できる点。

産学連携を目指した応用研究

(地域経済への波及効果)
期待される成果:廃棄物処理・回生技術、各種技術のエコロジー度評価システム、循環型社会の考え方を提言することが期待されます。

(実用化への見通し)
環境浄化、環境計測、廃棄物マネージメント、情報通信、都市設計、さらにはコンサルタントやエンジニアリング企業などの分野の方々との共同研究が可能です。