1. HOME
  2. エステル交換触媒(オニウム塩)

エステル交換触媒(オニウム塩)

  • 工学部/工学研究科
  • 有機・高分子化学専攻
  • 有機化学講座
  • (触媒有機合成学研究グループ)

教授 石原 一彰[いしはら かずあき]

http://www.ishihara-lab.net/

  • 工学部/工学研究科
  • 有機・高分子化学専攻
  • 有機化学講座
  • (触媒有機合成学研究グループ)

准教授 波多野 学[はたの まなぶ]

シーズの概要

我々は、エステル交換反応に有効な硝酸ランタン-オニウム塩複合触媒(第2世代触媒)の開発の過程で、メチル炭酸トリオクチルメチルアンモニウムに高い触媒活性があることを見出した。本アンモニウム触媒は、特にキレート性のエステル及びアルコールに対して有効で、既に開発済みのランタン触媒や一般的な酸及び塩基触媒に比べて高い触媒活性を示し、望むエステル交換体を高収率で得た。

この研究の新規性・独創性

一般的な金属塩触媒が失活してしまうキレート性の原料を使用できる。メタルフリーかつ様々な溶媒が使えるため、環境調和に優れている。

産学連携を目指した応用研究

アクリレート、ポリエステル合成

一言アピール

メタルフリーのオニウム塩触媒による効率的エステル合成

キーワード

エステル、アルコール、アンモニウム塩、ホスホニウム塩、触媒

保有技術

  • エステル合成技術

主な特許

  • 特許第5167483号
  • 特許5804472号

主な論文

  • Manabu Hatano, Yoshiro Furuya, Takumi Shimmura, Katsuhiko Moriyama, Sho Kamiya, Toshikatsu Maki, Kazuaki Ishihara:Org. Lett. 2011, 13(3), 426–429.
  • Manabu Hatano, Sho Kamiya, Katsuhiko Moriyama, Kazuaki Ishihara:Org. Lett. 2011, 13(3), 430–433.
  • Manabu Hatano, Kazuaki Ishihara:Chem. Commun. 2013, 49(20), 1983-1997.
  • 波多野 学、石原 一彰:科学と工業, 2012, 86(1), 3-10.