1. HOME
  2. 高活性有機亜鉛アート錯体を用いる選択的アルキル付加反応

高活性有機亜鉛アート錯体を用いる選択的アルキル付加反応

  • 工学部/工学研究科
  • 有機・高分子化学専攻
  • 有機化学講座
  • (触媒有機合成学研究グループ)

教授 石原 一彰[いしはら かずあき]

http://www.ishihara-lab.net/

  • 工学部/工学研究科
  • 有機・高分子化学専攻
  • 有機化学講座
  • (触媒有機合成学研究グループ)

准教授 波多野 学[はたの まなぶ]

シーズの概要

歴史の古いGrignard反応剤(RMgX)は、カルボニル化合物へのアルキル付加反応において、今なお研究室での小スケールから工業的な大スケールまで広く用いられている。Grignard反応剤は、安価な原料から安全かつ簡便に調製でき、比較的安定であるため、長期間保存できるという高い利便性を持つ。しかし、非常に高い反応性を持つ反面、反応の精密制御は副反応の多さから困難であった。そこで当研究グループでは、Grignard反応剤に塩化亜鉛を加えて生じる亜鉛アート錯体に着目した。その結果、触媒量の亜鉛アート錯体を用いるケトンへの選択的なアルキル付加反応による高効率第3級アルコール合成に成功した。また、イミノエステルの位置および立体選択的なアルキル付加反応による高効率アミノ酸合成に成功した。さらに、多重共役エステルの位置選択的なアルキル付加反応による高効率炭素骨格伸長反応に成功した。

この研究の新規性・独創性

触媒量または化学量論量の安価で安全な塩化亜鉛で様々なGrignard付加反応が確実に精密制御できる

産学連携を目指した応用研究

第3級アルコールを原料とするレジスト合成、アミノ酸合成、多重共役化合物合成

一言アピール

副反応を起こさずに確実に高選択的にアルキル化できる精密合成技術

キーワード

亜鉛アート錯体、触媒、ケトン、第3級アルコール、イミノエステル、アミノ酸、多重共役エステル、共役付加

保有技術

  • 第3級アルコール合成技術
  • 光学活性アミノ酸合成技術
  • 選択的共役付加技術

主な特許

  • 特許第4873502号

主な論文

  • Manabu Hatano, Shinji Suzuki, Kazuaki Ishihara: J. Am. Chem. Soc. 2006, 128(31), 9998–9999.
  • Manabu Hatano, Kenji Yamashita, Mai Mizuno, Orie Ito, Kazuaki Ishihara: Angew. Chem. Int. Ed. 2015, 54(9), 2707-2711.
  • Manabu Hatano, Mai Mizuno, Kazuaki Ishihara: Org. Lett. 2016, 18, in press.
  • 波多野 学、石原 一彰: 和光純薬時報, 2015, 83(2), 2-5.