1. HOME
  2. 肺及び脳からのI-123 IMP収集データを用いた非侵襲的動脈血I-123 IMP活性測定と局所能血流定量とその有用性の確認

肺及び脳からのI-123 IMP収集データを用いた非侵襲的動脈血I-123 IMP活性測定と局所能血流定量とその有用性の確認

  • 医学部/医学系研究科
  • 医療技術学専攻医用量子科学講座

教授 加藤 克彦[かとう かつひこ]

シーズの概要

脳血流シンチグラフィによって、局所脳血流(regional cerebral blood flow: rCBF)の定量が可能である。脳血流異常の分布や程度を明らかにすることは、脳血管障害の病態評価、認知症の鑑別診断、てんかん焦点の検出などを行うための重要な知見となる。現在臨床で用いられているI-123 IMPを用いるrCBF定量法では、I-123 IMP autoradiography(ARG)法が比較的簡単で信頼できる方法として最もよく用いられている。しかし、この方法も動脈穿刺を必要とし、被検者にとって苦痛となる。被験者に対して痛みを伴わず簡便で再現性があり、診断に耐えうる精度を持つrCBFの定量法が望まれている。われわれはI-123 IMP静注後の肺野と頭部の収集画像から静注後10分の動脈血の放射能濃度(Ca10)を推定する非採血定量法の確立を試みた。その結果、従来のSPECT収集に加えてI-123 IMP投与後の肺野の動態像と頭部の時系列静態SPECT像を収集することにより、I-123 IMP ARG法によるrCBF定量に必要なCa10を算出する推定式が得られ、非採血によるCa10定量法を確立した。

この研究の新規性・独創性

これまでのI-123 IMP非採血定量法の研究において、その定量結果を他の薬剤を用いた脳血流定量法と比較した報告は無い。推定Ca10及び実測Ca10を用いた123I-IMP ARG法により得られたrCBFの平均(mCBF)はO-15 H2O PET ARG法で測定したmCBFと強い相関が見られ、過去の文献値に比較して良い結果となった。

一言アピール

従来のSPECT収集に123I-IMP投与後の肺野の動態像と頭部の時系列静態像を追加収集することにより、123I-IMP ARG法によるrCBF定量に必要なCa10を算出する推定式が得られ、非採血によるCa10定量法を確立した。

キーワード

脳血流定量、123I-IMP、Ca10、SPECT

主な特許

  • 血流量推定装置、方法及びコンピュータプログラム 特開2012-127814

主な論文

  • Validity of a Newly Developed Noninvasive Method for Estimating Cerebral Blood Flow Using 123I-IMP Acquisition Data from the Lungs and Brain. Medical Research Archives. Yusuke Fujita, Shinji Abe, Tetsuro Odagawa, Arisa Niwa, Saki Tsuchiya, Yumiko Koshiba, Naotoshi Fujita, Hidetaka Kono, Seiichi Yamamoto, Katsuhiko Kato. Medical Research Archives. 4(6),2016. DOI: http://dx.doi.org/10.18103/mra.v4i6.634
  • Estimation of regional cerebral blood flow using N-isopropyl-p-iodine-123 iodoamphetamine acquisition data from the lungs and brain: An improved noninvasive technique. Shinji Abe, Katsuhiko Kato, Yoshitake Takahashi, Naotoshi Fujita, Mitsuru Ikeda, Naotoshi Ota, Yasukazu Kajita, Seiichi Yamamoto, Shinji Naganawa. Nuklearmedizin. 2014;53(6):221-226.
  • Estimation of I-123 IMP arterial blood activity using I-123 IMP acquisition data from the lungs and brain without any blood sampling: Validation of its usefulness for quantification of regional cerebral blood flow. Shinji Abe, Katsuhiko Kato, Yoshitake Takahashi, Naotoshi Fujita, Masato Yamashita, Masaki Shinoda, Mitsuru Ikeda, Naotoshi Ohta, Yasukazu Kajita, Shinji Naganawa. Clin Nucl Med.2012;37(3):258-263.