1. HOME
  2. 脈絡膜悪性黒色腫におけるI-123 IMP SPECT、F-18 FDG PET、F-18 FDOPA PETでの検出能の比較

脈絡膜悪性黒色腫におけるI-123 IMP SPECT、F-18 FDG PET、F-18 FDOPA PETでの検出能の比較

  • 医学部/医学系研究科
  • 医療技術学専攻医用量子科学講座

教授 加藤 克彦[かとう かつひこ]

シーズの概要

眼球内悪性黒色腫はまれな疾患であるが、成人の原発性眼球内悪性腫瘍の中では最も多い疾患である。中でも脈絡膜悪性黒色腫が最も多い。私たちはI-123 IMP SPECTとF-18 FDG PETにおける脈絡膜悪性黒色腫の検出の有用性を比較し、I-123 IMP SPECTが感度、正確度の高い検査法であることを示した(1)。さらに私たちはI-123 IMP SPECT、F-18 FDG PET、F-18 FDOPA PETにおいて脈絡膜悪性黒色腫の検出の有用性を比較し、F-18 FDG PET、F-18 FDOPA PETよりもI-123 IMP SPECTが最も優れた検査法であることを示した(2)。
 現在ではF-18 FDG PETのみならず、C-11 methionine PET, C-11 choline PET、F-18 FDOPA PET、F-18 FLT PET, F-18 fluoride PETを用いて様々な悪性腫瘍の検出に取り組んでいる。

この研究の新規性・独創性

脈絡膜悪性黒色腫の検出の有用性を比較し、I-123 IMP SPECTが最も優れた検査法であることを示した。

一言アピール

F-18 FDG PETのみならず、C-11 methionine PET, C-11 choline PET、F-18 FDOPA PET、F-18 FLT PET, F-18 fluoride PETを用いて様々な悪性腫瘍の検出に取り組んでいる。

キーワード

脈絡膜悪性黒色腫; 123I-IMP SPECT; 18F-FDG PET

主な論文

  • Kato K, Kubota T, Ikeda M, Tadokoro T, Abe S, Nakano S, Nishino M, Kobayashi H, Ishigaki T. Low Efficacy of 18F-FDG PET for Detection of Uveal Malignant Melanoma Compared with 123I-IMP SPECT. J Nucl Med. 47:404-9. 2006
  • Kato K, Kubota T, Abe S, Tsuchiya S, Koshiba Y, Yamamoto S, Naganawa S. Comparison of 123I-IMP SPECT, 18F-FDG PET, and 18F-FDOPA PET in Detection of Uveal Malignant Melanoma. J Nucl Med. 56:1465. 2015.