1. HOME
  2. 分化型甲状腺の骨転移巣の検索における F-18 fluoride PET/CT, F-18 FDG PET/CT, 骨シンチの比較

分化型甲状腺の骨転移巣の検索における F-18 fluoride PET/CT, F-18 FDG PET/CT, 骨シンチの比較

  • 医学部/医学系研究科
  • 医療技術学専攻医用量子科学講座

教授 加藤 克彦[かとう かつひこ]

シーズの概要

分化型甲状腺癌は他の癌と比べ予後の良い癌で10年生存率が80%以上である。しかしながら、7– 23%の患者で転移があり、通常、肺、骨、脳に遠隔転移する。骨転移は2番目に多い転移である。私たちは分化型甲状腺癌の骨転移の検索にはF-18 FDG PETの方が、感度と正確度とも骨シンチ(プラナー像)よりも高く、F-18 FDG PETの方が偽陽性が少ないので優れていると結論づけた(1)。また、F-18 fluoride PET/CTは感度と正確度とも骨シンチ(プラナー像)よりも高いが、プラナー像に加えSPECTを追加するとF-18 fluoride PET/CTとほぼ同程度の感度と正確度であることを示した。F-18 FDG PET/CTの感度はF-18 fluoride PET/CT や骨SPECTに比べ有意に低かった(2)。

キーワード

骨転移; 分化型甲状腺癌 18F-fluoride PET/CT; 18F-FDG PET/CT; 99mTc-bone scintigraphy (planar and SPECT)

主な論文

  • Ito S, Kato K, Ikeda M, Iwano S, Makino N, Tadokoro M, Abe S, Nakano S, Nishino M, Ishigaki T, Naganawa S. Comparison of 18F-FDG PET and bone scintigraphy in detection of bone metastases of thyroid cancer. J Nucl Med. 48:889-95. 2007.
  • Ota N, Kato K, Iwano S, Ito S, Abe S, Fujita N, Yamashiro K, Yamamoto S, Naganawa S. Comparison of 18F-fluoride PET/CT, 18F-FDG PET/CT, and bone scintigraphy (planar and SPECT) in detection of bone metastases of differentiated thyroid cancer: a pilot study. Br J Radiol. 87(1034):20130444. 2014.