1. HOME
  2. イネの遺伝的多様性を活用するための基礎研究

イネの遺伝的多様性を活用するための基礎研究

  • 農学部/生命農学研究科
  • 生命技術科学専攻

准教授 土井 一行[どい かずゆき]

http://www.agr.nagoya-u.ac.jp/~pps2

シーズの概要

イネ遺伝解析材料および育種素材の開発を行っており、イネ育種のプロジェクトに参画している。また、Nested Association Mapping集団などの遺伝解析材料を作出・保有し、遺伝子探索手法の改善を試みている。

対象:
イネ/世界のイネ品種の遺伝的多様性

適用分野:
DNAマーカーによる系統分類、育種におけるDNAマーカー選抜




キーワード

イネ・遺伝子型解析・表現型解析・遺伝統計学

保有技術

  • イネの遺伝解析系統の作出・保存。
  • DNAマーカーによるイネの遺伝子型決定(従来型マーカーおよび次世代シーケンサーによる手法)。

主な論文

  • Furuta et al. 2017, Adapting genotyping-by-sequencing for rice F2 populations. G3. 7: 881-893.
  • Kurokawa et al. 2016, Construction of a versatile SNP array for pyramiding useful genes of rice. Plant Sci. 242: 131-139.