1. HOME
  2. 水田生態系に生息する新規メタン酸化細菌の分離と特性解明

水田生態系に生息する新規メタン酸化細菌の分離と特性解明

  • 農学部/生命農学研究科
  • 生物機構・機能科学専攻

教授  浅川 晋[あさかわ すすむ]

http://www.agr.nagoya-u.ac.jp/~soil/Soil_Biology_and_Chemistry/toppupeji.html

シーズの概要

温室効果ガスメタンの発生量は生成と酸化のバランスで決まり、メタン酸化細菌は水田や湿地などからのメタンの放出低減に大きな役割を果たす。水田に生息する新規のメタン酸化細菌を分離し、ゲノム情報などの特性を明らかにし、その利活用を目指している。

対象:
メタン酸化細菌/分離・培養、分類・同定、生理的性質、ゲノム情報

適用分野:
環境微生物学、応用微生物学


キーワード

メタン・水田・メタン酸化細菌・新規株

保有技術

  • メタン酸化細菌の培養技術

主な論文

  • Dianou D, Ueno C, Ogiso T, Kimura M, Asakawa S 2012: Diversity of cultivable methane-oxidizing bacteria in microsites of a rice paddy field: investigation by cultivation method and fluorescence in situ hybridization (FISH). Microbes Environ., 27, 278-287.
  • Ogiso T, Ueno C, Dianou D, Van Huy T, Katayama A, Kimura M, Asakawa S 2012: Methylomonas koyamae sp. nov., a type I methane-oxidizing bacterium from floodwater of a rice paddy field. Int. J. Syst. Evol. Microbiol., 62, 1832-1837.
  • Khalifa A, Lee CC, Ogiso T, Ueno C, Dianou D, Demachi T, Katayama A, Asakawa S 2015: Methylomagnum ishizawai gen. nov., sp. nov., a mesophilic type I methanotroph isolated from rice rhizosphere. Int. J. Syst. Evol. Microbiol., 65, 3527-3534.