1. HOME
  2. マウスと家畜・家禽における量的形質遺伝子の解析

マウスと家畜・家禽における量的形質遺伝子の解析

  • 農学部/生命農学研究科
  • 動物科学専攻

准教授 石川 明[いしかわ あきら]

シーズの概要

パイロットアニマルであるマウス用いてQTLの基礎的研究を行い、量的形質の遺伝子支配を解明する。その解析手法や研究成果を家畜・家禽のQTL研究に応用する。特に、日本鶏の体重、脂肪、卵と行動形質に関わる量的形質遺伝子(QTG)を明らかにする。この研究成果を活用し、近い将来、超スーパー実用鶏をゲノム育種し、世界規模の食料難の克服に貢献したい。

対象物質とその機能:
量的形質遺伝子、1)量的形質の遺伝的基盤、2)肥満抵抗性遺伝子の機能、 3)雑種強勢遺伝子の機能、 4)不安様行動遺伝子の機能

対象動物:
マウス、ニワトリ

想定される応用分野:
実験動物学、畜産学、医学

キーワード

マウス・ニワトリ・QTL・雑種強勢・肥満・行動

保有技術

  • QTL解析、コンジェニックマウスの開発・解析、遺伝子解析

主な論文

  • Ishikawa, A. (2017). Identification of a putative quantitative trait gene for resistance to obesity in mice using transcriptome analysis and causal inference tests. PLoS ONE, 12: e0170652.
  • Ishikawa, A., and Okuno, S. (2014). Fine mapping and candidate gene search of quantitative trait loci for growth and obesity using mouse intersubspecific subcongenic intercrosses and exome sequencing. PLoS ONE, 9: e113233.
  • Goto, T., Ishikawa, A., Goto, N., Nishibori, M., Umino, T., and Tsudzuki, M. (2014). Mapping of main-effect and epistatic quantitative trait loci for internal egg traits in an F2 resource population of chickens. J. Poult. Sci., 51: 375-386.