1. ホーム
  2. イベント情報
  3. 2015年
  4. あいちサイエンスフェスティバル2015 オープニングイベント第1部 講演会「科学者が人間であること」9月19日(土)10:30~開催 

イベント情報

あいちサイエンスフェスティバル2015 オープニングイベント第1部 講演会「科学者が人間であること」9月19日(土)10:30~開催 

イベント・シンポジウムなど2015/08/20

※このイベントは終了しました。

企画名称 あいちサイエンスフェスティバル2015 オープニングイベント第1部
講演会「科学者が人間であること」-生命誌をつむぎ、未来を想う-
イベント企画団体名 名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部
分類項目
想定する対象者
一般市民向け(中・高・大学生歓迎!)
実施形態 講演会・シンポジウム
出演・登壇者

中村 桂子 氏
JT生命誌研究館館長/理学博士

実施規模 180名程度
申込方法 下記申込みフォームから申込み下さい。(先着180名)
*事前申込は締め切りました。参加希望の方は、直接会場にお越しください。
開催予定日 2015年9月19日(土)
開催日程 10:30~12:30(開場10:00)
開催地区 名古屋市内
開催場所

名古屋大学東山キャンパス ES総合館ESホール
(名古屋市千種区不老町1)

特記事項 参加無料
イベントの
問い合わせ先

名古屋大学 学術研究・産学官連携推進本部
TEL. 052-747-6796
Eメールでのお問い合せ

詳細

科学研究は、人間の生に何を訴えかけるのか。「科学は文化である」として生命誌研究を続けてきた中村桂子氏が、科学の本質や、人間としての科学者のあり方についてお話しします。また、若手研究者たちとの対話を通じて、現代社会の課題を共有し、研究をおこなうひとりの人間として何ができるかを、共に考えます。

当日進行スケジュール(予定)
10:30~10:40 開会あいさつ(松尾清一・名古屋大学総長)
10:40~11:20 講 演(中村桂子・JT生命誌研究館館長)
 11:20~11:30休憩
11:30~12:10 若手研究者との対話
 進行:山中敦子(蒲郡市生命の海科学館館長)
 対話:中村桂子
    中竜大(名古屋大学素粒子宇宙起源研究機構 特任助教)
    内田康弘(名古屋大学発達教育科学研究科 博士後期課程3年)
    萩尾華子(名古屋大学生命農学研究科 博士前期課程2年)
12:10~12:25 フロアとの質疑応答
12:25~12:30 閉会

一覧に戻る

このページの先頭へ