e-Learning研修

公的資金の使用に係るe-Learning研修(令和4年度)

  1. 目的
    本学構成員に、公的資金の適正使用・不正防止の重要性を再確認していただき、また、経費の使用ルール等への理解を深めていただくことで、本学における公的資金の適正使用を徹底するため、インターネットを利用したe-Learning研修を実施します。
  2. 受講対象者
    全教職員及び日本学術振興会の特別研究員、外国人特別研究員。
    大学院生および学部4年生以上 特に出張や立替払いを行っている学生、TA・RAや短期雇用パートタイム職員として大学が給与を支払っている学生等、研究費の執行に関わる学生
  3. 実施方法
    A. 初回受講者及び B. 以外の方
    「研修テキスト」、「理解度チェックテスト」、「理解度チェックテスト解説」による確認の順に受講。(所要約40分)

    B. 昨年度までの受講内容をご理解いただいている方
    「研修テキスト(昨年までの受講内容をご理解いただいている方)」、「理解度チェックテスト」、「理解度チェックテスト解説」の順に受講。テストの結果により「研修テキスト」を確認。(所要約15分)

    ※A 、Bともに理解度チェックテストにおいて90点以上(100点満点)となることで研修の修了とします。90点未満の場合は再度テストの受験が必要です。何度でも受験できます。

  4. 受講依頼期間
    7月11日から1ヶ月以内 最終受講期限は9月30日
    (メンテナンス時間(午前4時~午前6時)を除く終日受講可能)
  • 名大IDを有する者(特別研究員の方も特段の事情がない限りは名大IDを取得して受講してください)
    こちらからログイン

本研修の受講方法(日本語/English)[PDF:341KB]

このページの先頭へ