愛知県春日井市(R3.3.23)

「名古屋大学と春日井市の連携と協力に関する協定」を締結しました

東海国立大学機構名古屋大学(総長:松尾清一、以下名古屋大学)と春日井市(市長:伊藤太)は、相互の連携のもと、地域の課題解決に向けて、相互の資源を有効に活用した施策展開を推進し、地域の振興に資することを目的に、「連携と協力に関する協定」を締結し、3月23日(火)、春日井市役所において締結式を行いました。

連携と協力を行う事項

名古屋大学と春日井市は、文部科学省/国立研究開発法人科学技術振興機構のCOIプログラムにおいて、モビリティブレンドやゆっくり自動運転などの先進技術による快適なまち「高蔵寺ニューモビリティタウン」をめざし、多様なモデルプロジェクトを通じた先行的な取組を展開してきました。今後も、ニュータウン型の新たなモビリティサービスの社会実装をめざし、これまでの成果を活かしながら、相互に連携した取組を加速していきます。

また、春日井市では、2021年4月に「デジタル推進課」を新設し、日常生活において急速に進展するデジタル化の普及に対応し、市民サービスの向上をめざす取組を進めていきます。名古屋大学では、2020年12月に「FUTUREライフスタイル社会共創オープンプラットフォーム」を始動し、社会の課題を解決し、豊かな生きがいがもてる社会の実現をめざす取組を進めていきます。こうした社会の課題解決に向けた取組についても、相互に連携し、推進していきます。

r030323.jpg
このページの先頭へ