秘密情報管理

技術流出防止マネジメントシステム構築のためのマニュアル

秘密情報管理Eラーニング

平成29年度版秘密情報管理e-Learning研修を開始しました。

平成28年に施行された改正不正競争防止法(平成27年法律第54号)により,大学における営業秘密に関する一定の侵害行為に対して,教職員等の個人に加え,法人も刑事罰の対象となっております。

名古屋大学では,本学の公益性や教育・研究に与える効果等を踏まえ,企業等が安心して重要な知見を提供し,研究者が共同研究等でより良い成果を出せるよう,秘密情報を組織的に管理し,産学官連携活動をより一層推進して社会貢献を果たすことに努めています。

そこで、時間の制約を受けず、気軽に秘密情報管理の知識を高めていだだけるよう、eLearningによる研修を実施しています。
積極的なご利用をお願いいたします。部局別の受講状況は定期的にHP上で公開する予定です。
受講状況は、チェックテストの提出記録にてカウントしますので、研修をご受講の際はチェックテストを一度は完了して頂くようお願います。
なお、eLearning受講率向上のため、受講率を役員会にて報告させていただいております。
<目的>
教職員の秘密情報管理に関する理解を高め、法令・手続遵守の徹底のため。

<特長>
・インターネットに接続できれば、自宅でも外出先でも実施可能です(※)。また何度でも受講可能。
・チェックテストがあり、理解度確認することができます。
・24時間受講可能です。(ただし、メンテナンス午前4時~6時を除く)。
(※)学外からの受講時はホームページを経由せず、NUCTに直接ログイン下さい。

<受講対象者>
全構成員

◆ eLearning受講までの方法【通常の場合】
1.NUCTにログイン
https://auth.nagoya-u.ac.jp/cas/login?service=https%3A%2F%2Fct.nagoya-u.ac.jp%2Fsakai-login-tool%2Fcontainer

2.緑色の上のタブにある「秘密情報管理研修」をclick!
  (「他のサイト」をclickしないと出てこない場合もあります。)
3.「本研修の実施要領」読んだ後、学習を開始

・研修開始までの図解

◆ eLearning受講までの方法【登録がない場合】
・NUCTログイン後の、緑色の上タブに「秘密情報管理研修」が見つからない方(登録なし)
(例) 学生、平成29年4月1日以降に他機関から転籍の上所属の教職員等

受講するための名大IDの登録がない可能性があります。恐れ入りますが下記の連絡先まで、名大IDとお名前をお知らせください。


学術研究・産学官連携推進本部 中田 
hiroco-nacata@aip.nagoya-u.ac.jp 6443

お問い合わせ

お名前 ※必須

このページの先頭へ