1. HOME
  2. 衛星データ・シミュレータ・ユニット(SDSU)の開発

衛星データ・シミュレータ・ユニット(SDSU)の開発

  • 宇宙地球環境研究所
  • 基盤研究部門
  • (増永研究室)

准教授 増永 浩彦[ますなが ひろひこ]

http://precip.hyarc.nagoya-u.ac.jp/index-j.html

シーズの概要

衛星データ解析アルゴリズム開発にあたり、衛星センサが計測する放射輝度をシミュレートする大気放射伝達計算が不可欠です。本研究では、衛星降水観測に用いられる代表的な衛星センサであるマイクロ波放射計・レーダ・可視赤外イメージャを想定した衛星データ・シミュレーション用Fortranプログラムを開発しています。開発されたプログラムはWWW上で公開され、国内外を問わず誰でも自由に利用することができます。

この研究の新規性・独創性

マイクロ波放射計や可視赤外イメージャといった個別のセンサそれぞれに適用できる放射伝達プログラムはこれまでにも入手可能でしたが、一つのプログラムで複数のセンサのシミュレーションを同時に行うことができる点が、本研究で開発されたSDSUの特色です。

産学連携を目指した応用研究

本研究で開発されたシミュレータは、衛星搭載マイクロ波放射計・レーダ・可視赤外イメージャに適用するデータ解析アルゴリズム開発全般に広く応用可能です。が、長期的には地球環境変動予測の技術革新への貢献を通じた広範な応用研究への発展を期しています。

一言アピール

SDSUは、我が国はもちろん欧米にも多数のユーザを獲得しており、広範な研究に活用されています。

キーワード

衛星観測、地球環境、数値モデル検証

保有技術

  • 衛星観測シミュレーション技術

主な論文

  • Masunaga, H., et al., 2010: Bull. Amer. Meteorol. Soc., 91,1625-1632.