1. HOME
  2. 新しい心臓血管手術の開発

新しい心臓血管手術の開発

  • 医学部/医学系研究科
  • 総合医学専攻
  • 病態外科学
  • 心臓外科学

教授 碓氷 章彦[うすい あきひこ]

http://www.med.nagoya-u.ac.jp/shinzougeka/

シーズの概要

本研究では、人工心肺を使用せず、心拍動を保った状態で大動脈弁狭窄症を根治する新規術式の開発を目指す。具体的には、左心室の尖端(心尖部)から新しい血液駆出路を作り、下行大動脈へのバイパスを作成する。拍動している心尖部に人工心肺を使用せずに駆出路を作成するために、ワンタッチで挿入固定できるステント型導管を開発する。ステント型導管は心尖部から穿刺法により挿入し、バルーンにより拡張し、ステントのストッパー機構により必要な内径を保持する。ステント型導管は下行大動脈に縫着した人工弁付き人工血管と接続して、左心室から大動脈への新しい血流路を作り、大動脈弁狭窄症により障害された左心室から大動脈への血液駆出を回復させる。

この研究の新規性・独創性

重度大動脈弁狭窄症は人口の高齢化に伴い増加し、最も頻度の高い弁膜症であり、左心室から大動脈への血液駆出が障害されるため心不全、不整脈により確実に死に至る病気である。その治療法としては、人工心肺を用いた心停止下での人工弁置換術が唯一の根治術であるが、高齢者や手術リスクの高い症例に対しては手術侵襲が大きいため成績が不良であり、人工心肺を用いない手術術式の開発が望まれる。
人工心肺を使用しない大動脈弁狭窄症根治手術は新しい発想であり、ステント技術を組み合わせた簡便な手術術式の開発は独自の発想である。

産学連携を目指した応用研究

人工血管自動吻合器への応用、人工心臓アタッチメントの開発など

一言アピール

患者さんに優しい、新しい心臓手術術式を開発します。

キーワード

心臓手術、人工心肺、低侵襲

保有技術

  • 大動物ワーキングハートモデル
  • 超高速度カメラ心内観察システム

主な機器

  • 超高速度カメラ

主な論文

  • Usui A, Ueda Y. Long-term follow-up of the frozen elephant trunk technique for distal aortic arch aneurysm.Ann Thorac Surg. 2009 Jul;88:349
  • Usui A, Ueda Y. Biological Bentall procedure with a valsalva graft for a small aortic root. European Journal of Cardio-Thoracic Surgery 2008;34:224-5
  • Usui A, Ueda Y: Arch first technique under deep hypothermic circulatory arrest with retrograde cerebral perfusion. Maltimedia Manual of Cardiothoracic Surgery (January 2, 2007). doi:10.1510/mmcts.2006.001974
  • Usui A, Oshima H, Akita T, Ueda Y: Polydioxane (PDS) cord has insufficient reliability to securely close the sternum. J Thorac Cardiovasc Surg. 131: 1174-5, 2006
  • Toyama M, Usui A, Akita T, Ueda Y: A vascular tube for intercostal artery reimplantation. Eur J Cardiothorac Surg. 29: 413-5, 2006
  • Usui A, Araki Y, Sakurai K, Murakami H, Yoshikawa M, Akita T, Ueda Y: Real time 3-D echocariography in cardiac surgery. Jpn J Thorac Cardiovasc Surg. 52: 509-514, 2004