最先端情報分子・植物最適行動統御ユニット             Research Unit for Plant Signaling and Optimal Behavior System

〈メンバー〉
◎榊原 均        (生命農学研究科/国際高等研究機構 教授)
 松林 嘉克       (理学研究科/国際高等研究機構 教授)
 BELLEGARDE Fanny (生命農学研究科/国際高等研究機構 特任助教)
 Kun-Hsiang Liu    (西北農林科技大学 教授)
 蜂谷 卓士       (島根大学 研究・学術情報本部総合科学研究支援センター 助教)*共同研究者

〈研究概要〉
 植物は置かれた環境に順応するため器官間で情報をやりとりし、形態形成と代謝システムを個体レベルで最適化しています(植物最適行動)。地球上の生命のほとんどが植物の同化生産(食料生産)に依存していることから、「植物最適行動」の仕組みを解明することは、農学・生命科学の中心課題の1つといえます。本研究ユニットでは「長距離情報輸送分子の機能研究」を発展させ、植物最適行動統御研究の世界拠点を築くとともに、これまでにない植物機能制御技術の確立を目指します。

〈NEWS・成果報告〉

リンク〉
最先端情報分子・植物最適行動統御ユニットHP

PAGE TOP