ナノテクノロジーによるがん細胞外小胞研究ユニット                Nanotechnology based advanced approaches for cancer extracellular vesicles

〈メンバー〉
◎横井  暁  (医学部附属病院/高等研究院 助教)
 安井 隆雄  (工学研究科/高等研究院 准教授)
 吉田 康将  (医学系研究科/高等研究院 特任助教)
 

〈研究概要〉
 本研究ユニットでは、エクソソームを始めとする細胞外小胞(Extracellular vesicle: EV)を研究対象として、未だ明らかにされていない生物学的意義を解き明かすことを目的としています。最新のナノ流体デバイスを用いて血液、尿などのヒト体液サンプルから、高濃度かつ高純度のEV抽出の最適方法を同定し、分離したEVからタンパク質やmiRNA, DNAといった生理活性分子を網羅的に解析し、疾患とりわけがんに関連した臨床的意義の同定、さらにはその生物学的機能に言及します。

〈NEWS・成果報告〉
 ・安井隆雄 工学研究科准教授が、第20回 2020年度 船井学術賞を受賞
 ・横井暁 医学部附属病院助教が寄稿した記事が「実験医学」に掲載されました
 ・横井暁 医学部附属病院助教の総説が「Seminars in Cancer Biology」に発表されました
 ・安井隆雄 工学研究科准教授が令和2年度中谷賞奨励賞を受賞
 ・横井暁 医学部附属病院助教が令和二年度赤﨑賞を受賞
 ・横井暁 医学部附属病院助教がLuminexフローサイトメーター 第8回 ウェブセミナーで講演を行います
 ・横井暁 医学部附属病院助教が JST「創発的研究支援事業」に採択
 ・吉田康将 特任助教・横井暁 助教らの研究グループがプレスリリースを行いました
 ・横井暁 医学部附属病院助教が第9回名古屋大学石田賞を受賞
 ・横井暁 医学部附属病院助教がAMED令和2年度「革新的がん医療実用化研究事業」の公募研究に採択
 ・横井暁 医学部附属病院助教が第39回日本癌学会奨励賞を受賞

  

PAGE TOP