インキュベーション施設

インキュベーション施設入居案内

名古屋大学学術研究・産学官連携推進本部では、本学のシーズを活かしたベンチャー企業を育成する共用施設として、インキュベーション施設の利用・運営・管理をしています。
利用できる方は、以下のいずれかに該当する方です。

  • 本学のシーズを活用して起業したベンチャー企業、本学の研究成果を活用又は活用予定であるベンチャー企業(すべて設立後3年以内)。
  • 本学関連ベンチャー企業の設立を準備するため、顕在化したシーズの発掘、プロトタイプの製作、マーケッティングの実施、事業計画書の作成その他具体的な起業準備を行う本学の大学教員又は学生。
  • その他学術研究・産学官連携推進本部長が適当と認めた者。

ご利用を希望される場合は、下記問い合わせ窓口宛に使用申請書をご提出ください。その後、学内の審査機関により、利用の可否を決定いたします。なお、学外者の方は、利用に当たって、施設利用契約及びベンチャー支援業務契約を締結していただきます。

 問い合わせ窓口(担当:社会連携課産学官連携係)
 sha-sangakukan※aip.nagoya-u.ac.jp (※を@にしてください。)

<入居までの流れ>
 
使用申請書提出(必要に応じ事前面談を行います)→ 審査 → 契約、入居(申請書提出から最短2-3ヶ月)
 入居期間は2年以内。ただし、2年ごとに審査により更新可能。原則、5年が限度。

<選考について>
 入居者の選考は以下の点を基本的観点とし、事業の優位性、事業の市場価値、事業化・製品化の妥当性などを総合的に勘案して
 判断されます。

【ベンチャー企業の場合
 1.ベンチャー企業としての事業成功の見込みが高く、本学シーズによる社会貢献を促進すること
 2. 入居により、本学教員との協業や、本学学術研究・産学官連携推進本部との連携の効果が期待できること
 3. ベンチャー企業が反社会的勢力と関係がなく、公序良俗に反しないこと

【ベンチャー起業を準備する教員・学生の場合
 1.適切に起業準備されており、起業の見通しに期待できること
 2. 起業が予定されるベンチャー企業の事業成功の見込みがあり、本学シーズによる社会貢献が期待できること
 3. ベンチャー起業準備の活動が、本学における教育研究と抵触しないこと

■名古屋大学インキュベーション施設規程
http://www.nagoya-u.ac.jp/extra/kisoku/act/frame/frame110000283.htm

■名古屋大学インキュベーション施設のプロジェクト開発室使用細則
http://www.nagoya-u.ac.jp/extra/kisoku/act/frame/frame110000279.htm

このページの先頭へ