NU Research

NUリサーチについて

NUリサーチ(NU=Nagoya University)は名古屋大学における最先端の特筆すべき研究成果を紹介するサイトです。

WEB版サイエンスカフェとして、最新論文・情報等を「より分かりやすく、より興味深く」皆様にお届けしています:

「ハイライト論文」では、最新論文で報告された研究成果から、世界をリードする名古屋大学の研究者にスポットを当て、研究の背景から成果へ至る研究の醍醐味をストーリー展開して紹介しています。

「特集」では、受賞者インタビューをはじめ、特記すべき研究活動を遂行する研究者を、インタビュー形式でダイナミックに紹介しています。

名古屋大学について

名古屋大学は戦前の旧帝国大学の流れをくみ、常に日本、そして、世界をリードする教育・研究を行ってまいりました。その結果、ノーベル化学賞を受賞した野依良治博士、下村脩博士、ノーベル物理学賞を受賞した益川敏英博士、小林誠博士、そして赤崎勇博士、天野浩博士をはじめとする特筆すべき研究成果をあげた研究者を輩出してきました。これからも名古屋大学は社会に大きなインパクトを与える研究を遂行していきます。


新ページ開設のご案内
NU Global Challenge

名古屋大学全学同窓会の支援基金を受け、2016年9月に小冊子 NU Global Challenge ~Hand-in-Hand with Asia Vol1. Thailand~ を発行いたしました。本冊子により、名古屋大学がアジアの国々と手を取り合い、互いにチャレンジ、そして成長し、絆を深める活動へとつないでいく第一歩となることを目指します。

>>第1号であるタイ編をWEB上に公開しております。詳細は NU Global Challenge のページをご覧ください。



英語サイトはこちら(English site is here)

ハイライト論文

2016/04/22
個々に培った知識・技術を組み合わせ、「生きたまま分析」も可能となる新技術を開発
  • 医学系研究科
  • 高等研究院
  • 財津桂准教授
  • 林由美助教
人も装置もプロフェッショナルが組み合わされば、“不可能”だったことにも挑戦できる...
2016/03/18
複雑化する医農薬品などの開発・製造に新合成法を提案
  • 工学研究科
  • 波多野学准教授
  • 石原一彰教授
匠の業が光るシンプルかつグリーンな新合成法。スケールアップしても、短時間で高選択...
2016/01/29
新・記憶メカニズム発見―応用展開に夢ふくらむ
  • 理学研究科
  • 小林曉吾研究員
  • 森郁恵教授
「無駄なことは一つもない」 基礎研究に打ち込む若手研究者らの挑戦魂、新説を生み出...
2016/01/04
日本発、世界の高齢化対策に提案 「あなたの老後の不安とは?」
  • 経済学研究科
  • 角谷快彦特任准教授
世界一長寿の国、日本。世界の医療経済学分野で、フロントランナーとして活躍する。
2015/09/17
34億年前の微化石"解剖"に成功 ―初期生命像の手がかりに―
  • 環境学研究科
  • 杉谷健一郎教授
  • 三村耕一准教授
「私たちは、なぜこれほどまでに発展してきたのか?」 人類の本質的な問題解明に向け...
2015/07/10
「分離スピードを上げれば上げるほど、分離度が良くなる」―ナノテクで実現
  • 工学研究科
  • 安井隆雄助教
  • 加地範匡准教授
  • 馬場嘉信教授
ゲノム解析の高速化に向け、研究者らが築きあげるナノテク技術開発の歴史―誰も知らな...

その他のハイライト論文

特集

2016/06/21
平成28年度 最先端国際研究ユニット 石原一彰教授&上垣外正己教授&横島聡准教授 特別インタビュー
  • 最先端機能分子・材料合成技術ユニット
  • 石原一彰教授(工学研究科)
  • 上垣外正己教授(工学研究科)
  • 横島聡准教授(創薬科学研究科)
名古屋大学の有機化学者らが研究ユニットを創設。「分子レベル」の世界でも、愛知・名...
2016/05/24
研究室紹介 荻朋男教授&岡泰由特任助教 特別インタビュー
  • 環境医学研究所
  • 荻朋男教授
  • 岡泰由特任助教
様々な興味、背景をもつ研究者が集えば、研究推進力の強化につながる。
2016/04/26
NEDO Technology Commercialization Program 最優秀賞受賞 多田安臣教授&野元美佳さん 特別インタビュー
  • A Protein Synthesis System 3.0チーム
  • 多田安臣教授 (遺伝子実験施設)
  • 野元美佳さん (理学研究科 大学院生)
「最初は、自分の研究テーマのために作った合成システムだった。」 ――世界中の研究...
2016/01/20
名大清酒「なごみ桜」~酵母の研究から製品化まで~
  • 生命農学研究科(開発当時)
  • 加藤雅士教授
「微生物をよりよく理解したい」 —その思いから、オール名大産の日本酒は生まれた。
2015/11/25
研究者へのキャリアパス 大塚由美子さん(研究員) 特別インタビュー
  • 工学研究科
  • 大塚由美子さん(研究員)
~専業主婦の経験があるからこそ~
2015/08/11
第35回(2015年)猿橋賞受賞 鳥居啓子教授 特別インタビュー
  • WPI-ITbM
  • 鳥居啓子教授
国際的植物学者として、のみならず、母としてのキャリアも輝く鳥居教授。「両立」をこ...

その他の特集記事

このページの先頭へ