1. ホーム
  2. 一般の方へ
  3. 名大研究室の扉in河合塾

名大研究室の扉in河合塾

名大研究室の扉in河合塾

開催概要

高校生を中心とした受験生を対象としたイベント。2014年5月から開催。学校法人河合塾と共催し、大学で行われている先端研究を学部ごとに紹介すると共に、研究者や大学院生と直接話をすることで研究の奥深さや大学で何を学ぶかを考える機会を提供します。

本イベントの特徴
  • 全学部から選ばれた最先端研究を担う研究者が講師として参加します。
  • 研究室で活躍する大学院生も講師として参加し懇談会も行い参加者からの質問に答えます。
  • 大学での先端研究の現場を知ることで、研究へのモチベーションを持ってもらうきっかけを作ります 
  • 名古屋大学の研究活動を知ってもらう事で、適切な大学や学部に進学する手助けをします。
  • 河合塾との共催で、高校生が知りたい情報をイベントに盛り込み、広く情報発信します。

開催期間 第一期:2014年、2015年の2年間で全12回にわたり、9学部を紹介(終了しました)
第二期:2016年、2017年の2年間で全12回にわたり、9学部を紹介
※2017年は6回開催
内容 ① 講師による研究紹介(60分)
② 大学院生による研究と大学生活の紹介(15分×2名)
③ 講師・大学院生との懇談会(30分程度)
共催

国立大学法人名古屋大学、学校法人河合塾(高校生対象イベント)

申込方法

受付開始:第19・20・21回は2017年4月1日(土)、
     第22・23・24回は2017年6月1日(木)
河合塾の電話、窓口、
Webサイトhttp://www.kawai-juku.ac.jp/event/

ポスター 名大研究室の扉in河合塾2017.pdf
名大研究室の扉in河合塾2017

第19回 情報学部 「情報と他分野との境界領域において」

日時

2017年5月28日(日)14:00-16:00 (河合塾千種校)

講演者

北栄輔(きたえいすけ)情報学研究科教授

講演内容 情報学分野の人材に求められている社会的役割について、政府の諸政策等にみられる価値創造や問題解決といった社会的要請に,情報学分野がいかに深く関わっているかを紹介します。続いて,和食がユネスコの世界文化遺産に登録されたこと等から、注目を集める日本の農業の現状を論じるとともに、それをいかにして農学と情報学の研究者が協力して問題解決・価値創造に結びつけようとしているか、ビッグデータ、AI、IoTがどのように活用されているかを紹介します。

院生

情報学研究科(高性能計算、機械学習)、情報学研究科(認知心理学)

第20回 工学部 「3次元映像技術の最先端」,「放射線で診て治す!-放射線治療の現状-」

日時

2017年6月11日(日)14:00-16:00 (河合塾千種校)

講演者

藤井俊彰(ふじいとしあき)工学研究科教授

「3次元映像技術の最先端」講演内容 皆さんは「3次元映像」をご存知でしょうか。3Dで観る映画は一般に馴染み深いものになりましたが、それはほんの一部の技術に過ぎません。メガネをかけずに立体像が観察できるものや、ユーザが視点を自由に変えながら視聴できるテレビなど、多くの種類の3次元映像が研究され、実用化に近づいています。本講演では、3次元映像の最先端技術を紹介し、家庭のテレビやスマートフォンが3次元映像となる将来像について考えます。

吉橋幸子(よしはしさちこ)工学研究科准教授

「放射線で診て治す!-放射線治療の現状-」 講演内容 放射線は、原子核が壊れるときなどに放出される高速の粒子や高いエネルギーを持った電磁波の事を指します。「放射線」は体に対して悪い影響を与えると言われている一方で、放射線を使って体の異常を知ることが出来たり、ガンを治療出来たりします。本講演では放射線とは何かを中心に、放射線が体に及ぼす作用から最先端の放射線治療について紹介します。生活に役立つ原子核の使い方について考えてもらえたら幸いです。

院生

マテリアル理工学専攻(材料工学分野)、電子情報システム専攻(プラズマ)

第21回 法学部 「「政治=選挙イメージの再検討」

日時

2017年7月2日(日)14:00-16:00 (河合塾名古屋校)

講演者

田村哲樹(たむらてつき)法学研究科教授

講演内容 「政治」と聞いて、何を思い浮かべるでしょうか。選挙でしょうか。ちょうど、選挙権も18歳に引き下げられたばかりです。でも、本当に政治=選挙なのでしょうか。この講演では、「政治」という概念(コンセプト)そのものを考え直すという、一見地味な作業の大切さをお伝えします。「政治」を考え直せば、日常生活の中にも「政治」があることが見えてきます。そのような「身近な」政治の難しさと大切さをお伝えできればと思います。

院生

法学研究科(会社法)、法学研究科(国際私法)

第22回 医学部 「先端医療機器研究開発の紹介」

日時

2017年8月27日(日)14:00-16:00 (河合塾名駅校)

講演者

山本誠一(やまもとせいいち)医学系研究科(保健学科)教授

講演内容 医療の分野においては、疾患の早期発見や効果的な治療のための新しい医療機器の研究開発が進められています。診断装置では、陽子線放射型断層撮像装置(PET)や磁気共鳴イメージング装置(MRI)だけでなく、それらを組み合わせた装置の開発が進んでいます。治療装置では、陽子線や炭素線を用いた粒子線治療装置の研究開発も行われています。本講演では、私の研究を中心に、これらの先端医療機器研究開発の現状を紹介致します。

院生

医科学専攻(分子病原細菌学)、看護学専攻(健康発達看護学分野)

第23回 教育学部 「やる気を科学する-動機づけの心理学-」

日時

2017年9月10日(日)14:00-16:00 (河合塾千種校)

講演者

中谷素之(なかやもとゆき)教育発達科学研究科教授

講演内容 『勉強をやらなければいけないのはわかってるけれど、なかなかやる気になれない…』そんな悩みの正体は、皆さんの“動機づけ”にあります。行動の背後で働く情緒的・認知的なエネルギーである動機づけは、今日の心理学の重要なテーマであり、勉強はもちろん、社会生活や組織等で働く際にもきわめて大事なものです。『やる気って何?』『どうすればやる気が出るの?』やる気に関する疑問について、最近の教育心理学の研究知見からご紹介します。

院生

教育発達科学研究科(臨床心理学/発達心理学)、教育発達科学研究科(教育社会学)

第24回 理学部 「化学反応する分子は「見える」か?」

日時

2017年10月15日(日)14:00-16:00 (河合塾名古屋校)

講演者

菱川明栄(ひしかわあきよし)理学研究科教授

講演内容 化学の醍醐味の一つはさまざまな新しい物質をつくりだすことにありますが、そのカギを握るのが化学反応です。化学反応は分子同士の一瞬の衝突によって起こります。たとえば、分子ABが原子Cとぶつかって、新しい分子BCができた場合を考えてみます。途中のどこかでAとBの結合が切れ、BとCをつなげる結合ができたと考えるのが自然ですが、実際にどんなふうにこの結合の「組み替え」が起きたかを「見る」ことは可能でしょうか。超高速で変化する分子の姿に迫る研究者たちの取り組みとその成果について紹介します。

院生

物質理学専攻(機能有機化学)、生命理学専攻(構造生物学)

過去の開催情報

■名大研究室の扉in河合塾2016
■名大研究室の扉in河合塾2015

■名大研究室の扉in河合塾2014

このページの先頭へ